動く壁紙!? Wallpaper Engineの紹介・導入方法について!

商品レビュー・紹介

皆さん、スマホやパソコンはどのような壁紙にしていますか?

壁紙ってたくさんあってどれにするか迷いますよね~

けろん
けろん

なるべく高画質で気分が上がる壁紙がいいよね!

パソコンの壁紙どういうのにしようかな…

そんな時に候補に入れてほしいのが、高画質でお洒落な動く壁紙を設定できる「Wallpaper Engine」です!今回は「Wallpaper Engine」がどのようなものか、どのように導入するのかを説明していこうと思います!

スポンサーリンク

Wallpaper Engineとは?

Wallpaper Engineを使えば、Windowsのデスクトップにライブ壁紙の設定ができるようになります。3Dならびに2Dアニメーション、ウェブサイト、動画ならびに特定のアプリケーションなど、さまざまなタイプの動く壁紙がサポートされています。さらに、すでにお持ちの壁紙、または自分で作成した壁紙をSteamワークショップで共有することも可能です!

 出典:steam-Wallpaper Engine

自分の持っている動画も壁紙にできちゃう!

たくさんの方がおしゃれな壁紙を公開されています!

壁紙を取り込むだけじゃなく、自分の持っているものでも対応しているのは壁紙の可能性が広がりますね~!

Wallpaper Engineの導入方法について

Wallpaper Engineをインストールするにはあらかじめsteamの登録と無料のアプリではないので購入が必要になります。

こちらからsteamのログイン画面に飛べます。steamの支払い方法はクレジットカードだけでなく、コンビニ支払い・WebMoneyなどが様々な購入方法があります。

steamに登録して、アカウントを作成し、steamクライアントをインストール・起動した状態でWallpaper Engine を購入します。

Wallpaper Engineを購入後、steamのライブラリに追加されていると思いますので、そちらをインストールしてください。

インストールすると上記のような画面が出ると思います。

languageを日本語にして進みましょう。

導入後は上記の画面が立ち上がると思います。

初期の状態で既にデフォルトの14の動く壁紙が追加されています。

これで動く壁紙を利用することができます!

ワークショップにアップロードされている壁紙をダウンロード

様々な方法がありますが、一つはタスクバーにある^から Wallpaper Engineを左クリックして「ワークショップをブラウズ」から探してみてください!

けろん
けろん

想像以上にたくさんあってびっくり!

人気の壁紙をちょこっと紹介

こちらの壁紙は五重塔と富士山が美しい壁紙になっています。

壁紙にすると桜が散って流れてくる様子を見ることができます!時計を表示することも可能です!

初音ミクの壁紙です。この壁紙は有名なので見たことある人も多いかもしれません!

他にもアニメの壁紙などキャラクターの壁紙も豊富にあります!

ハウルの動く城で出てくる城の壁紙です。

壁紙では空を飛んでいる様子を伺うことができます!

けろん
けろん

自分が知ってるキャラクターが壁紙で動いていたら気分上がるよね~!

Androidのスマートフォンでも動かせる!?

Wallpaper Engine 2.0がリリースされました! 11.27のアップデートによってWallpaper EngineはAndroid対応になります。

出典:steam-Wallpaper Engine

詳しくはこちらでWallpaper Engine 2.0の機能などが公開されています。

推奨スペックについて

普通、静止画である壁紙を動かすわけなのでいつもよりもパソコンには負担がかかります。

以下、steamに記載されているWallpaper Engineを動かすための最低スペックと推奨スペックです。

最低スペック
  • OS: Windows 7 (with Aero), 8.1, 10, 11
  • プロセッサー: 1.66 GHz Intel i5 or equivalent
  • メモリー: 1024 MB RAM
  • グラフィック: HD Graphics 4000 or above
  • DirectX: Version 10
  • ストレージ: 512 MB 利用可能
  • 追記事項: Windows Nバージョンには、Microsoft の Media Feature Packが必要です。Windows 7でAeroを有効にしてください。最大解像度は、Windows 8、10の場合: 4K、Windows 7の場合: 1080p
推奨スペック
  • OS: Windows 10, Windows 11
  • プロセッサー: 2.0 GHz Intel i7 or equivalent
  • メモリー: 2048 MB RAM
  • グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 660, AMD HD7870, 2 GB VRAM or above
  • DirectX: Version 11
  • ストレージ: 1024 MB 利用可能
  • 追記事項: 本モバイルアプリはAndroid 8.1以降が必要です

終わりに

今回は動く壁紙を設定できるWallpaper Engineについて紹介しました!

自分もずっと使っていますが、やっぱり普段見ている壁紙が動くと楽しいですね!

ここまで読んでくださった方、ありがとうございました!またお越しください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました