【引っ越し・一人暮らしを始める方必見】家具のサブスクリプションおすすめ5選!

生活

あと2,3か月で新学期ということで新しく一人暮らしを始める方や新しい地域で生活を始める方がいるかと思います。そういう方はマンションを借りると思いますが、部屋だけを借りても生活をすることはできません。作業をするための机・椅子だったり、食材を保管・調理などをするために電子レンジや冷蔵庫などが必要になります。

そんな時に月額制で家具や家電をレンタルすることができるサブスクリプションについていいと思う点だけではなく、ちょっといまいちだな…と思うところも紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

有名だから安心!「無印良品の月額定額サービス」

https://www.muji.com/jp/feature/monthly-plan/index.html

「無印良品の月額サービス」はこちら

無印良品の商品は品質が良く、有名なので一度は使ったことがあると思います。

そんな無印良品の家具をサブスクすることができます!

期間は1年/2年/3年/4年のプランが用意されており、月額費用は最低300円~で期間中合計でも、商品価格を超えないように設定されています。

デメリットとしては家具の品揃えが少し少ないです。

知名度があるので安心・月額料金が安い・最高4年間借りられる

品揃えはあまりよくない

テレワークの方におすすめ!「Kaggレンタル」

https://www.kagg.jp/rental/

Kaggレンタル」はこちら

テレワークなどでお洒落な家具というよりビジネス用途、シンプルでかっこいい家具を探している方はkaggレンタルの新品のオフィス家具の月額レンタルサービスがおすすめです!

送料が無料なので月額料金のみ、追加料金はありません。

そしてなんとレンタルを2年間継続した商品は、そのまま無償で譲り受けることができます!

初期投資が抑えられる・必要な数だけ借りられる・2年でもらえる

高級な商品が多く、最低でも月額900円~と少し割高

ブランドお洒落家具・家電が勢揃い!「subsclife(サブスクライフ)」

https://subsclife.com/

「subsclife」はこちら

subsclifeは、お洒落なデザイン家具を月額500円~、自由に期間を選んで利用できるサービスです。

さらに家具だけではなくスピーカーやヘッドホンなどの音響機器、ロボット掃除機やコーヒーマシンなどの最新家電までレンタルすることができます!

こちらも最低の月額料金は低いですが、家具によっては割高であり、レンタルをする期間によってレンタルをするより購入した方が安く済んだ…という状況にならないようによく考えてからレンタルをおすすめします。

家具のデザインにこだわりたい人向け、最低月額料金は500円~、家具だけでなく家電もある

家具によってはとても割高…(月額23,120円のものまで確認できました)

安くて短期間だけ借りたい!そんな時は「かして!どっとこむ」

「かして!どっとこむ」はこちら

かして!どっとこむでは新品だけでなく、中古の家具も取り扱っています。

中古のものに関しては最短30日~で家具をレンタルすることもでき、短期間だけのレンタルを希望している方におすすめです!

セットでレンタルできるものが多く、家電4点セット(冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・液晶テレビ)のレンタルは、1年で29,900円と他の家具レンタル会社と比べて破格の価格設定になっています!

https://www.kasite.com/package/
https://www.kasite.com/package/detail.php
https://www.kasite.com/package/detail2.php

また、生活に必要な家具をコーディネートしたパッケージプランもあるので一通りの家具をレンタルで揃えたい方にはおすすめです。お届けから設置まで一括で対応してくれます。

デメリットとしては、家具と家電だと家電の方が多く取り扱われているので家具を探している人にはあまり向かないかもしれません。

お洒落な家具は少ないので、あくまでも生活する上で最低限の家具・家電を揃えたい人向けだと感じました。

とにかく安い・短期間だけなら一番おすすめ・パッケージプランもある

お洒落な家具はあまりない印象。カテゴリーが少々少なめ。

自分の部屋にあった家具が選びやすい!「airRoom(エアルーム)」

https://air-room.jp/about

「airRoom」はこちら

airRoomはお洒落な部屋にコーディネートしたいけど何からしたらいいかわからない…という方向けのサブスクリプションになっています。プロのコーディネーターがデザインしたセットをそのままレンタルすることができます。

テーマ・シーン・コーディネートなど自分のしたい部屋をイメージしながら家具を選ぶことができます。特集記事などで物件情報やコーディネートの仕方などが記載されていて、まだ一人暮らしの部屋を決めてない人や自分なりにコーディネートを勉強したい方にもおすすめです!

デメリットとしては他の会社に比べ、送料が割高です。月額料金が安いと思っても送料を加味すると他の会社の方が安くなるケースもあります。

コーディネートは全部丸投げしたい人おすすめ・テーマやシーンでイメージが掴みやすい

送料がかなり割高

おわりに

今回は家具のサブスクについて紹介しました。

どの会社も魅力的ですが、一長一短なので自分の状況に合わせた会社を選ぶのがいいと思いました。

これからの時代は家具を買うではなく、借りるのが主流になるのかもしれませんね!

ここまで読んでくださった方、ありがとうございました!またお越しください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました